So-net無料ブログ作成

e-TAX活用状況~法人税申告79%超に [ビジネススクラッピング]

  平成26年9月に決定された「財務省改善取組計画」では、複数の評価指標で28年度までに達成すべき目標を設定しており、今般、28年度の実績値が公表された。
 【オンライン利用率】公的個人認証の普及割合等に左右される国税申告2手続は54%(目標:58%)であった。うち所得税申告は53.5%、消費税申告(個人)は63.2%。上記以外の国税申告4手続は78.0%(目標:72%)。うち法人税申告79.3%、消費税申告(法人)77.3%、酒税申告82.0%、印紙税申告60.5%であった。
 【ICT活用率】インターネット環境を利用して申告書を作成した割合は76.8%(目標:72%、同3.1ポイント増)。うち所得税申告では77.0%、消費税申告(個人)では73.2%となった。
 【利用満足度】e-Taxの利用満足度は73.4%(目標:75%、同0.6ポイント減)、国税庁HP「確定申告書作成コーナー」の利用満足度は87.9%(目標:85%、同2.8ポイント増)であった。
 【その他】オンライン申請の1件当たりの費用、国税申告手続の事務処理時間はいずれも前年度からの減少が目標で、それぞれ306円(同48円減)、869,000時間(同19,000時間減)となった。
……よろしければこちらもご覧ください。
町田市・相模原市【富塚昇税理士事務所】
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0