So-net無料ブログ作成

☆☆ コラム☆☆我が社は何処へ行く [ビジネススクラッピング]

  会社の社長や商店の店主と面談していて、いつも気になる事がある。あなたの会社や商店は、今後どのような方向( 規模・戦略・品揃え等) に行くのですかと問うが、半数以上の方はよく分からないと答える。これは簡略に言えば、ビジョン( 展望)が無いという事である。
  逆に、事業承継等を機会に、自社の進むべき方向に目覚めて、真剣にビジョンの確立を探る経営者もいる。例えば、X 社( 和食レストラン経営)の社長は、後継者の発した「全国どこにもあるような店を経営してもつまらない」という一言に衝撃を受けて改めて自社のビジョンを考え直した。結果、軌道に乗るまでの資金として売上3 カ月分を用意し、客層と食材仕入ルートの見直し、メニュー構成の差別化、接客法と店舗イメージの個性化等を中心にビジョンと経営戦略を構築した。責任者は後継者が担った。ビジョン構築による効果は未定であるが、後継者が将来の方向性を認識出来た事は確かである。
  多くの企業で事業承継が課題になっているが、その際に最優先すべき事柄は。ビジョンや経営理念の見直し( 又はもし不明であれば設定) ではなかろうか。そのビジョンが経営者・後継者・全社員に共有され、いずれ取引先・顧客等に周知出来れば会社の将来の礎( いしずえ) となるであろう。
……よろしければこちらもご覧ください。
町田市・相模原市【富塚昇税理士事務所】
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。