So-net無料ブログ作成

訪日外国人消費動向調査~有償での住宅宿泊は12.4% [ビジネススクラッピング]

  観光庁はこのほど、日本滞在中の利用宿泊施設の選択肢として平成29年7-9月期より「有償での住宅宿泊」を追加し、利用動向をとりまとめた。近年、訪日外国人旅行者の宿泊施設利用動向に変化が生じており、日本滞在中の利用宿泊施設において「その他」の利用率が上昇している。(平成28年10月-12月:6.4%から平成29年7-9月:15.4%まで増加)
  訪日外国人旅行者の「有償での住宅宿泊」は12.4%で、なかでも観光・レジャー目的の訪日外国人旅行者は14.9%の利用率に増加する。「ホテル」宿泊が75.1%と断然多いが、「旅館」の18.2%に迫る勢いとなっている。
  特色としては、(1)国籍・地域別の利用率は、「シンガポール」「フランス」「インドネシア」「オーストラリア」の順に多い(2)客層のうち、年代は「20代以下」の若年層、同行者は「家族・親戚」「友人」が多く、往復交通手段は「LCC」利用者が非利用者より多い(3)都道府県訪問率は、「大阪府」「京都府」が高い(3)旅行中にしたことは、「繁華街の街歩き」「テーマパーク」「日本のポップカルチャーを楽しむ」等が非利用者より多い、となっている。また「有償での住宅宿泊」利用者のうち、63.2%は住宅宿泊のみを利用している。
……よろしければこちらもご覧ください。
町田市・相模原市【富塚昇税理士事務所】
nice!(1) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。