So-net無料ブログ作成

中古車小売倒産100件に迫る 新車小売は66.7%増―昨年 [ビジネススクラッピング]

 帝国データバンクが発表した「2 0 1 8年の自動車小売業の倒産動向調査」結果によると、中古車小売業の倒産件数は前年比1 4 . 0 %増の9 8 件となった。倒産件数が1 0 0 件に迫るのは、リーマンショックが起きた0 8 年( 1 0 9 件) から、東日本大震災後の消費低迷を受けた1 2 年( 1 11 件) の時期以来となる。負債総額は同27 . 6 %減の5 0 億6 0 0 0 万円。同社は「カーシェアの普及などで、自動車を購入・所有するという消費行動そのものに大きな変化が起きつつある」と分析している。2 0 0 0 年以降の最多は0 9 年の1 31 件。新車小売業の倒産件数は前年比66 . 7 %増の2 5 件だった。負債総額は負債額1 0 億円を超える大型倒産が複数発生したため、同2 4 5 . 9 %増の5 7 憶4 90 0 万円。年間の倒産件数が2 0 件を超えるのは1 4 年以来4 年ぶり。2 0 0 0 年以降の最多は0 9 年の4 8 件。負債規模は「1億円以上5 億円未満」が最も多く1 0 件だった。倒産件数を地域別に見ると、新車小売業は近畿が9 件で最も多く、北陸と中部が各4 件などとなっている。一方、関東では、2 0 0 0 年以降では初めて倒産件数0件を記録した。中古車小売業では、最も多かったのは関東で3 4 件。以下、近畿( 20 件) 、中部( 1 6 件) が続いている。
……よろしければこちらもご覧ください。
町田市・相模原市【富塚昇税理士事務所】
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0