So-net無料ブログ作成

【不動産市況】富裕層が増加し、市場の二極化が進行 [ビジネススクラッピング]

【富裕層】純金融資産保有額と世帯数
    分類          2011年 2017年 増加率
超富裕層   純金融資産(兆円)  44   84   91%
(5億円以上) 世帯数(万世帯)   5.0   8.4  68%
       
富裕層    純金融資産(兆円)  144  215   49%
(1億円~   世帯数(万世帯)   76.0  11.3  56%
5億円未満)

 年明け2ヶ月が経った。個人の住宅需要は例年同様、堅調に推移している。特に、低価格帯物件を中心に動きはいい。超低金利が需要を下支えする構図が続いている。
さて、今の不動産市場には2つのマーケットが存在している。ひとつは低(中)価格帯物件を求める需要層の市場。もう一つが高価格帯であっても、いい物を欲する需要層の市場、言い換えれば富裕層の市場である。
 図表は1億円以上の純金融資産を保有する富裕層の世帯数と保有資産の変化を示したものである。アベノミクス前の11 年と一昨年を比較しても大幅に増加している事が分かる。
 「誰が買えるの?」とも思える高額物件が売れる所以でもある。
町田市・相模原市【富塚昇税理士事務所】

nice!(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0